<   2006年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧   

仕事納め   

2006年 12月 22日
本日をもって年内の勤務は終了致しました。
本当はあと数回に渡って実験室の掃除の為だけに出勤するはずでしたが、急遽変更。明日からお休みです☆

誤解を受けそうなので先に言っておきますが、私は理科実験助手という立場なので授業が無い長期休暇は基本的にお休みになります。

一方、専任教諭の方々は12月29日~1月4日が休日になります。
 「先生はお休みがいっぱい有っていいな~」 という声を聞きますが、実際は有給休暇を取るなどの対応をしているのです。(生徒が居るのに有給休暇を取ったらヒンシュクをかいますからね・・・基本的に普段は授業があるので、休みが取れない職業だと考えた方が良いでしょう)

そして必ず、長期休暇前後に行われるのが全校集会です。
とにかく早く帰ることしか頭に無い生徒達は校歌を歌うわけがありません。体育科の生徒のドスの聞いた声だけが体育館に響きます。

で、取られた措置は・・・生徒会役員にマイクを持たせて歌わせる!
カラオケみたいで、毎回爆笑。本人達は必死なんだけどね・・・
[PR]

by aniline-black | 2006-12-22 21:53 | 行事

Merry Xmas☆   

2006年 12月 21日
先日、実験をすっぽかしてくれた講師の方からお詫びを兼ねてクリスマスプレゼントを頂きました。

昨年も別の方から感謝とお詫びを兼ねて「缶詰に入ったアコヤ貝」を頂いたのを覚えています。
自分で真珠を取り出すキットだったので、細かい作業が好きな私は楽しかったのですが「生臭いし、面倒臭がりには不向きだな・・・」と感じた品物でした。

で、今回はベルギーチョコです。

c0104662_1763981.jpg・・・甘いっスね!
[PR]

by aniline-black | 2006-12-21 17:06 | 食欲を満たせ!

タバコは寿命を縮めます   

2006年 12月 20日
机の中を整理していると、前理科主任から頂いたお土産が出てきました。

c0104662_2131025.jpg
タイの煙草なのですが、実際の癌患者の写真をパッケージに使用しています。

かなり衝撃的ですね。
[PR]

by aniline-black | 2006-12-20 21:31 | 日常

苦痛な光景   

2006年 12月 19日
c0104662_1752475.jpg
実験終了後の片付けは全て引き受ける事のが理科実験助手の仕事。

細々としたガラス器具を使用する化学実験は非常に嫌になります。
今日は少ない方でした。

しかも洗い場は水と熱湯しか出ない(今時混合する設備がない職場って一体・・・)ので、全工程「水」で行なう事に・・・。

もともと冷え性&荒性の私は手がボロボロです。
[PR]

by aniline-black | 2006-12-19 17:52 | 片付け

VS悪臭 Part2   

2006年 12月 15日
c0104662_1948381.jpg
実験停止になった学年が主任の策略により復活しました。

そんな事とは露知らず、生徒達は実験中の態度を改める事無し。お祭騒ぎになっています。

いつもの事と思っていても、生徒指導の全面に出ることが許されない助手という立場がイヤになります。

・・・でもそれ以上に辛いのがコレ。
私の喉を一週間苦しめた硫化水素がバンバン発生している試験官内の硫化鉄の除去です。
しかも8班分・・・

またダメージを受けそうです。
[PR]

by aniline-black | 2006-12-15 19:48 | 片付け

空飛ぶアルコールランプ   

2006年 12月 13日
アクセス解析の検索ワードでこんなのがありました。

 「理科 アルコールランプ 事故例」

そうそう!
実はアルコールランプはガスバーナーよりも扱いに気を付けなければならないのです。

 『燃料が液体なので不安定な場所に置けば転倒し、アルコールがこぼれて周囲に引火する』
 『炎をアルコールランプ同士で点けると、アルコールがこぼれて周囲に引火する』
 『アルコールランプの芯は5mmとしなければ、調度良い炎が得られない』

・・・なんてのは当たり前です。結果が想像できますよね?
では 『アルコールは8分目まで入っている事を確認する』 理由はなぜでしょうか。

正解は ”アルコールランプ容器内で爆発限界を作らない“ ためです。
これを知ったのは大学時代でしたが、本当に予想外でした。

気化したメタノールと空気が爆発可能な混合比になっており、引火する温度に達している・・・この条件を爆発限界といいます。

要はアルコールランプの上では炎がバンバン上がっているわけですし、熱によってエタノールは気化していきますから、爆発可能な条件は揃っている訳なのです。

c0104662_2353537.gif大学時代の恩師は小学校教員をやっていた頃、使用中に爆発限界となり、アルコールランプの芯を2メートル程飛ばしたそうです。
(哀れ、生徒は髪が焦げたとか・・・)

このような事故が起きる確率は低いのですが、やはり気を付けねばならないものですね。
[PR]

by aniline-black | 2006-12-13 22:54 | 実験・観察

劇物と戯れよう   

2006年 12月 12日
c0104662_056472.jpg2ヶ月に1度やってくる 「薬品庫の整備」 という仕事があります。

本当に面倒くさい作業です。
薬品庫の中にある試薬を全部引っ張り出し、天秤で一つひとつ質量を量るのですから時間と根気が必要です。

おまけに生徒が試薬瓶から取り出す際、容器をベットベトにしてくれます。
一応拭いてから片付けるのですが、完全に取れないので、結局時間と共に容器がボロボロになってくるのです。
その容器を片っ端から触るので、手がとんでもなく汚れます。

・・・汚れるだけならまだマシです。
うっかり触ったのが液体だったりすると、手が反応を起こしてくれちゃったりします。

 「ぎゃ~~~!硫酸が付いた~~!」

 「硝酸でキサントプロテイン反応が起きた~~~!!」

誰もいない実験室で絶叫が響くのも、恒例行事となりました。
[PR]

by aniline-black | 2006-12-12 09:00 | 保守管理

美味しいパンはいかがですか~?   

2006年 12月 10日
c0104662_0283849.jpgTOKTO-BAYららぽーとにある 「東京パン屋ストリート」 に初めて行きました。

今までららぽーとには散々行っていますが 『混んでいるから面倒くさい』 という感情が真っ先に出てくるので行った事が無かったのです。

今日は行った時間が少々遅かったこともあって想像より空いていましたが、やはり出店されているだけあってどれも美味しそう♪

悩んだ挙句、7種類のパンを食べました。
(一応友人と半分にして食べています。いくら大食いと言われても全部1人で食べていません。)

中でも面白かったのが 「納豆パン」。
見つけた瞬間 「納豆嫌いの知人に食べさせよう♪」 と張り切って購入・・・しましたが、結局バレました。
臭いとビジュアルで気が付いたようで『危ない!食べてる時まで油断できない!』と断固拒絶していましたが、大豆の甘みがあり美味しかったです。 

パンの美味しさ以上に驚いたこと・・・
[PR]

by aniline-black | 2006-12-10 19:00 | 食欲を満たせ!

見つかっちゃった~。   

2006年 12月 09日
 「新しいブログ、一つ増えてませんでしたか?」

 「あっ・・・!」

H暮君の一言である事を思い出しました。
『日本老螳螂拳研究会 市川分会』 にリンクしてもらったんだっけ・・・。


遡る事、1週間前。
市川分会の管理人様とブログの話になり、リンクする事になりました。
話の流れだったので本当に予想外。

そもそも周知させるような内容では無いので、特に多くの人に知らせるつもりもありませんでした。 (でなければ、お気に入りの化学物質や反応名を使わないでしょう・・・)
一応黙ってリンクして頂き、反応を見る予定でいたのですが・・・。

・・・お願いした張本人は完全に忘れてました。

指摘を受けて、本当にビックリ。
いつリンクを貼られたのでしょう・・・ブログ作成者にも知らせない管理人様、恐るべし。

結局、気が付いた第一号はH暮君でした。この観察力は大いに生かして下さいね~。
[PR]

by aniline-black | 2006-12-09 18:00 | 中国武術

老いるという事   

2006年 12月 06日
一ヶ月ぶりに祖父母のところへ行く事になったので、電話をしました。

私: 「もしもし、私。Mだけど。」

祖母: 「誰だい?」

 ・・・ドキン・・・

私: 「ほら、Mだよ。お祖母ちゃんの孫の。M(母)の娘だよ。」

祖母: 「孫って何?」

 ・・・ドキン・・・ドキン・・・

しばらく 『私』 と言う存在を説明し、やっと分かってもらいました。

 ・・・何か変だ・・・

そう思いながら祖父母の家へ行き、目の前の光景に言葉を失いました。
1ヶ月前まではちゃんと自力で歩いていた祖母が、祖父の介助無しでは歩けなくなっていたのです。

詳しい話を祖父に聞きました。
「めまいがすると言って横になることが多くなり、脚力が落ちてしまった。さらに病院で検査したところ、脳が萎縮してしまっている。」・・・と。

脳の神経細胞が死ぬことで萎縮し、物忘れなどが現れます。この萎縮が局部的に起こるのが認知症です。

認知症と診断されていないのですが、時間軸がずれてしまったり、同じ事を繰り返し話す事は以前からありました。
しかし実際にCTスキャンで萎縮が確認された事実を聞いてしまった以上、動揺してしまいます。

一番苦しいのは祖母本人のはず・・・励ましたいのに言葉が出てこない・・・

それでも祖母はストレス溜まり放題の私を労わり、励ましてくれました。
私に優しく語り掛けるその姿は、非常に凛としており 「医師の診断はミスでは無いのか?」 と思うほどしっかりしています。

思わず涙がこぼれる。
お願い・・・。どうか、どうか長生きしてください・・・。私まだ、恩返しらしいこと出来て無いよ・・・。
[PR]

by aniline-black | 2006-12-06 23:19 | 日常